伊藤博文

维基语录,自由的名人名言录
跳到导航 跳到搜索

伊藤博文(日語:いとう ひろぶみ)1841年10月16日-1909年10月26日,幼名利助,字俊輔,號春畝、滄浪閣主人,本姓林氏。日本近代政治家,首任日本內閣總理大臣,明治維新元老,甲午中日戰爭策劃者,日本首任朝鮮統監府統監。1909年10月26日,在哈爾濱火車站被安重根刺殺。


お前に何でも俺の志を継げよと無理は言はぬ。持って生まれた天分ならば、たとえお前が乞食になったとて、俺は決して悲しまぬ。金持ちになったとて、喜びもせぬ。 我無法幫助你實現我的抱負。如果你生來就是天才,你變成乞丐我也不會難過。有錢並不能讓我快樂。

たとえここで学問をして業が成っても、自分の生国が亡びては何の為になるか。 即使我在這裡學習和工作,我的原籍國死亡有什麼好處?

今日の学問は全て皆、実学である。昔の学問は十中八九までは虚学である。 今天所有的獎學金都是實用的。舊的獎學金是虛構的,直到十分之八九。

本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。 真正的愛國主義或勇氣不是讓你的肩膀顫抖或讓你的眼睛生氣的東西。

大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ。 怕那些讓步太多的人,再怎麼死板,那些沒有言行、沒有品味的人,什麼也做不了。

いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。 如果你試圖完成世界上的一切,你最終會遇到危及生命的事件。不要提出要求。自己做。

国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去つて、何でも意の如く出来るが如くに思ふのは、多くは実験のない人の空論である。 往往是外行人的理論,輕描淡寫地討論關係到國家安全的外交,認為任何事情都可以隨心所欲。

私の言うことが間違っていたら、それは間違いだと徹底的に追及せよ。君らの言うことがわからなければ、私も君らを徹底的に攻撃する。互いに攻撃し議論するのは、憲法を完全なものにするためである。くり返すが、長官だの秘書官だのという意識は一切かなぐり捨てて、討論・議論を究めて完全なる憲法をつくろうではないか。 如果我錯了,請徹底追究。如果你不明白你說的話,我會徹底攻擊你。互相攻擊和討論